2009-08-10(Mon)

優しさと災難

先日「南の国のねこぐらし」のsariさんから素敵な贈り物が届きました
手前のお人形はお母様が作って下さったんだそうです
柔らかな色使いはなんとアイシャドーだとか
作り手の優しさが溢れて来るようです ホロリ・・・


09-08-10-1.jpg


まりまお母も編み物が得意でよくこたつに入りながら編んでいました
その傍らでまりが目を丸くして毛糸の玉にちょっかいを出していましたっけ
母も「こら、まりちゃん」と言いながら目は笑っていて
決して毛糸を取り上げようとはしませんでした


そう言えばそんなふうに遊んでいたね  


眠るお人形の顔を眺めながらポツリと母が呟きました


09-08-10-2.jpg


毛糸玉で遊び疲れちゃったかな、まり(*^^*)







先週の水曜日にチビ子がケガをしていました
その日は自分で傷を舐めながらもいつも通りにごはんを食べに来ました
珍しくケンカかな?大きな傷じゃないから大丈夫だろうけど・・・
そんな思いで迎えた次の日
チビ子は1日動こうとしませんでした


恨めしそうな目で見るだけです
09-08-10-3.jpg


傷はそれほど大した事はないのでおそらく今が一番痛い時なんだろう
外猫パワーは強いからこちらがあまり構わない方が良いと判断しました
幸い日に日に活動できるようになってはいたのですが
それよりも気になる事が発覚
チビ子が異様に人を怖がるのです
少しでも近づくと逃げるし、目の表情は明らかに何かに怯えているようです


こっち来ないでよ 拒否のオーラ全開
09-08-10-5.jpg


「猫じゃなくて誰か(人間)にやられたんだよ」とヨシヲ
確かにこの怯えようは尋常ではありませんでした
仕方がないのでチビ子の近くにササミのおやつを投げました
おなかが空いていたんでしょう
こちらを警戒しながら食べていました


寄り添うわけではないけれど付かず離れずで面倒を見ていたママ子
09-08-10-7.jpg


心配だったのは、これでチビ子が人間不信に陥って
もう寄り付かなくなってしまうのではないかという事でした
ノラとして生きて行くにはそれもいいのでしょうが
ようやくここまで馴れてくれたのにと思うと寂しい気が・・・


庭先までは来るものの部屋には入ろうとしないチビ子の不信の目
09-08-10-6.jpg


それから他にも考えた事
ここが割りと理解のあるゆるい環境だとしても
どうしてもネコが嫌いな人はいるはず
庭先をふらつく猫達に我慢できない場合もあるに違いありません


ママ子はあの通りですからそうそう人間には捕まらないでしょうが
ちょっとばかり手懐いてしまったチビ子はひょっとしたら・・・
そう思うとこちらにも非があります
本当は親子を飼えれば一番いいんですが
それを絶対許さないママ子の性格はもうじゅうぶん認識しているので(^^;
猫サイドの状況が変わらない限り今から室内飼育は・・・無理です(;´Д`)


あたしは絶対にポリシー曲げない!!
09-08-10-9.jpg


ご近所の誰かが危害を加えたとは考えたくないのですが
これ以上猫達に何か被害があってもいけないので
私達も猫達には静かに接触するするようにしていました


日が過ぎて徐々にチビ子の様子も以前と同じようになりました
高い所も元気に飛び歩くようになり
ママ子が近くにいれば部屋の中の箱でしばらく寝ています


09-08-10-10.jpg


今回の件でチビ子は「近づいていいニンゲンと違うニンゲンがいる」
「行っていい場所とダメな場所がある」という事を悟ったかもしれません
それであまり他の場所に行かなくなれば少しは安心なのですが・・・


外猫との付き合いの難しさをまた痛感した次第です




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんばんは。

ケガがたいしたことなくて良かった。安心しました。
そっかぁ、人間にやられたのかもね・・・
かわいそうに。
心を開ける人間と近づいちゃいけない人間がいることを学んだんだね。
怖かったね、チビ子。
ママ子はそうやって子供の成長を見守ってるんだね。
外猫が強く生きていくための試練だったのかもしれないね。

でも・・・
チビ子にケガさせたのが確かに人間だとしたら、腹立たしい限りです。

チビ子、頑張って強くなるんだよ!

強く生きるのよ!

チビ子は大怪我じゃなくてよかったですね。
でも、本当にいろんな人がいますからね。
そうやって段々キケンを避ける知恵をつけていくんでしょうかね。

でも、ごはんくれるおばちゃんおねえちゃんは、いい人だからね。
ちょっとはなでさせてあげるのよ♪

No title

うちの近所も、どちらかといえば野良にゃんたちには優しめの場所かもしれない(昔から近所のおばちゃんが野良にゃんたちにご飯あげてるし・・・。毒まいたとか聞いた事ないし・・・)。それでも、ネコが嫌いな人はたぶんいると思う・・・。昔と違って、よそからいっぱい人が入って着てるしね~。

弱いものを虐めるなんて、生き物として最低な輩だけども、そういうアホに出会って、チビ子が経験を積んでいくのは、チビ子にとってちょっとはプラスなのかもしれないですね。だからって、あってはいけないことだけども。

完全室内は無理としても、半室内になれればいいのにね。。。ママ子、譲歩してくれ!!

No title

なんだか、切ない話だね・・・。
「悪い人ばかりじゃないんだよ」と言いたいところだけれど、
現実問題、正直、そうとはいえないし・・・。
まりまおさんが言うとおり、
ヒトにも二種類あるんだよって、わかってくれたらうれしいよね。
そうはいっても、ヒトだってヒトに騙されちゃうんだから、
チビ子やママ子たちは、せめてまりちゃんに守ってもらわないと。

まりちゃん、お店も忙しいだろうけれどさ、
ちゃーんと、みんなを見守っていてね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

まりまおさん、素敵に紹介して下さってありがとう。
お母様にもそんな風に感じていただけて・・・
母もきっと喜びます。
だからまりちゃん、むこうではJamとも仲良くしてあげてね。笑
チビ子ちゃん、回復したようでよかった。
でも・・・人間なのかな・・・悲しいな・・・
室内が無理でも、庭にずっといてくれるとか・・・
猫の都合(?)もあるのでしょうから
難しいですよね。

No title

とっても切ない話ですね・・・
どの人も猫好きでは無いって事を私もちゃあを迎えてから知りました。
お外の子との距離感が難しい事も今の地域に来て思い知らされてます。
どの子もゆったりと過ごせる環境だったら良いのに・・・
と夢の様な事を思い、日々 なにか自分に出来る事を考えてます。
チビ子ちゃん、怪我がしっかり治ってまりまおさん家だけに
ゆっくりしに来てくれると良いですね・・・。

No title

このお人形、とっても気持ちがこもってて素敵なお顔してますよね^^
それにしてもチビ子ちゃん、痛い思いをしたんですね。軽くてよかった。
そう、ノラはこんなことを繰り返して強く生きぬいていくんですね。
ママ子ちゃんが強く拒否してる限り無理に保護するのは猫たちにとってはストレスにしかならないもんね。
難しいですね、見守るって・・・

悲しいですね

 そんな心無い人間が居るのかと思うと悲しいですね・・・でもいろんな考えの人がいますし、世の中猫好き犬好きばかりではないですが・・それでも酷いです。胸が痛まないのでしょうか・・。悲しくなります。
 体の傷とともに心の傷が早く癒えますようにチビ子のこと祈っています。ずっとお庭にいてくれるといいのだけれど・・・。
 もう遠征しちゃだめよぉ~早く元気になってね
 チビ子・・・ガンバレ~♪

No title

素敵なプレゼントですねえ。とっても可愛い。

チビ子ちゃん、怪我がひどくなくて良かったですね。
いずれ、まま子ちゃんのように、警戒しなくていい人間と警戒すべき人間の学習をしていくんでしょうねえ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

まりまおさんおはよう。凄く素敵なプレゼント。姉さんとこでも見た可愛い人形。まりちゃんもこんな風になって(涙)嬉しいねー凄く可愛いわ。

チビ子ちゃんの件ビックリした。そのまま警戒心ついたままだったらどうしようかと思ったけどようやく戻ってくれたんだね・・・
でもそのケガと警戒心考えたくないけどそういう事もあるのかな。みんな猫好きじゃないもんね。
私も過去に悲しい経験していろいろ学んだよ(涙)
今は見守っていくしかないのかなー難しいね。

No title

う・・・・・・ん、そうなのね、やっぱりね
きっと怖いことはたくさんあるんですよ

No title

ほんと!このお人形は見てるだけで優しい気持ちになれるよね!!
まりちゃんもほんと可愛いお人形になってる~♪
sariさんとお母様の思い、姉さんも本当にありがたくてたまらないよ(^^)
まりちゃん、お揃いも嬉しい~!

一昨日だったか、新聞で、猫は好きだったのにこのままでは嫌いになりそうだという外猫に悩む投書を読んで…反省していたところだったからまたいろいろ考えちゃったよ。
もちろん虐待は絶対許せないけれど、そして、今は本当の野良猫なんていない、みんな人間の勝手で捨てたられた子達だってわかっているけれど…
チビ子を守る方法が思いつかなくて。
本当に難しいよね。

No title

ひとつひとつ経験して学習していくのはニンゲンと同じだけど、
外ネコライフには危険がいっぱいね
できれば、ずーっとお家の中にいさせてあげたいところだけど、それには
自由ネコのプライドが許さないかな^^
でも、ここが楽園!って覚えてくれたら、それでいいかなぁ
今のところはね。

No title

皆に愛されて、誰からも大切にされて欲しいなぁと思いますが、
現実に猫嫌いの人っているし。。。
チビ子ちゃんの心のケア、やさしいまりまおさんなら大丈夫ね^^
チビ子ちゃん、あまり他所へ行っちゃダメだじょ~。

ちびこちゃん
怖い思いをしたのですかね。
かわいそうに。
大ベテランのボランティアさんがお外の猫さんは、
餌をくれる人
自分に興味を持っている人近づいてはいけない人を
ちゃんと選別していると言っていました。
ちびこちゃんも学習したのだと思います。
猫に危害を与える人は、罰が当たりますよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ソルト、スッカリ良くなってお転婆してます(笑)
ご心配どうもありがとう♪

チビ子にそんな事があったなんて。。。
まりまおさんたちにはまた元のチビ子に戻ったみたいで良かった。
でも一体誰がケガさせたんだっ!
猫が嫌いでも攻撃するのは許せないよねぇ。
チビ子にとってはショックな事だったと思うけど、
これでひとつ学習してくれたし、教訓にもなっただろうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとう~!

■皆々様へ

ヨシヲがよくチビ子に言っています
「いい人間とわるい人間がいるんだぞ、な?オレはいい人間だろ?」
猫に何ゆーとるねん(笑)
外猫達がこちらをどんなふうに思っているか
動物と交信できるとかいう能力を持った方に聞いてみたいもんです(´▽`)

そう言えばヨシヲはまりにも同じような事言ってたな
「まり、オレがごはんあげたんだぞ、いいヤツだろ?」と迫っていたっけ
まりはいつものキュゥーーっとした目で見てました
するとヨシヲは「またオレの事バカじゃねーのって言った!」
とわめいていましたね~
勝手にまりにそう思われていると感じてしまうらしいです
でも決してそれが嫌いじゃなかったんです 基本Mですから(≧▽≦)

しばらくは親子と今のままの距離で接して行こうと思っています
おそらく急に接近しても受け入れてはくれないと感じています
ママ子ほど手厳しい外猫も珍しいかもしれません(笑)
でも、ひょっとして、ずーっと先になって
ママ子がスリスリっとしてくれるようになったら?
この時期の事を懐かしく思い出しながら大宴会しちゃうだろうな☆

何はともあれ、まりをお迎えしています
今日から居酒屋まり亭下界支店お盆の連日宴会スタートです!
居酒屋スタッフ
☆まり(♀) 1995.5.10埼玉生まれ 東京都八王子育ち 2009.4.15に13歳で召されました 今は「居酒屋まり亭虹の橋店」の女将をやっています ☆ジュリ(♀) 2009.5.10生 はるばる大阪からやって来ました ☆シマ子(♀) 2009.5.10生 あまり似てないけれどジュリとは姉妹です ☆ハチ(♀) 2013.5.10 ひょっこり現れました
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
↑カテゴリについて追記
闘病記はまだ自分でも読み返すのが辛いので非公開にしました。まりの病気の原因は腫瘍から引き起こされた膵炎です。病気について参考にされたい方はメッセージを下さい。パスワードを送ります。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

まりまお

Author:まりまお
まりのブログへようこそ!
今は空から見守っています
妹達もヨロシクね!

お願い
※ブログに関連のないコメントやトラックバックは削除させて頂きます ご了承下さいませ
助成金リスト
各自治体別リストです
アタシ様倶楽部に入部よ!
queen24-marisama.gif
お友達リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
shopping
FC2カウンター